格安SIM、MVNOガチ比較!


 


 

 

格安SIM、MVNOガチ比較!

おいしいキャンペーン、トライアルキャンペーン

ガチで2ヶ月無料

比較一覧

※価格は税抜きです。

MVNO 月額(通話SIM、3GB) 月額(通信専用SIM、3GB) 特徴、利点 通話定額(非IP電話 注意事項、デメリット
UQモバイル 1680円 980円 auの子会社。回線が混雑する昼、夕方でも安定して高速通信が可能!回線品質はMVNOでダントツ最強。 低速モード(200Kbps、容量制限なし!ターボあり!)に手動切り替え可能(ぴったりプラン・たっぷりプランは低速モード300Kbps)。MVNOで唯一、キャリアメール扱いのメールアドレスを利用可能(ガラケーのPCメール受信拒否に引っかからない)。データ通信が3GBで問題無いならコレ一択。詳細はこちら:UQ mobile おしゃべりプランS月額1980円、5分カケホ(データ通信2GB込) 他社よりちょっとだけ高い。高速データ通信が基本プランだと3GBしか選択肢が無い。
mineo(docomoプラン)                                        1600円 900円 関西電力グループという安心感。追加パケットをヤフオク等で安価に調達可能。フリータンクで毎月1GB増量可能(無料)。「マイネ王」というユーザー掲示板でパケットクレクレ乞食も可能(マイネ王でのクレクレ乞食行為は公式に禁止となりました)。逆に、パケットを貯めてヤフオクで売れば、その分通信費を安くすることも可能。パケットの無限繰り越しが可能。Docomoプランとauプランの切り替えが可能。自由度が非常に高い。低速モード(200Kbps、容量制限なし!ターボあり!)に手動切り替え可能。昼に遅くなることが唯一の弱点で、それ以外はほぼ全部入りの最強。昼に遅くなってもいいならオススメ。管理人は現在これを利用中(UQモバイルの3GBでは足りない&昼の低速は我慢できるので)。詳細はこちら:mineo +月額850円、5分カケホ 昼は遅くなる場合が多い。(唯一の弱点)
mineo(auプラン) 1510円 900円(SMSオプション無料!) 同上。しかもauプランはさり気なく価格も最安クラス。通信専用simでもsmsオプションが無料という太っ腹。昼に遅くなることが唯一の弱点で、それ以外はほぼ全部入りの最強。詳細はこちら:mineo +月額850円、5分カケホ 昼は遅くなる場合が多い。(唯一の弱点)
LINEモバイル 1690円 1GB 500円 昼でも快適な通信が可能!(昼でも快適に高速通信が可能なMVNOはUQモバイルLINEモバイルの二つだけ。)LINEの通信が制限無し。Instagram等が使い放題になるコミュニケーションフリープランがある。LINEのヘビーユーザーにオススメ。詳細はこちら:LINEモバイル   無し 他社よりちょっとだけ高い。低速節約モードが無い。
楽天モバイル 1600円(3.1GB) 900円(3.1GB) 楽天ポイントでの支払いが可能(人によってはこれが絶大なメリットでしょう)。端末とのセット販売が豊富。四半期ごとに開催される楽天スーパーセールで人気端末がメチャクチャ安い場合がある。詳細はこちら:楽天モバイル +月額850円、5分カケホ 昼、夕方は遅い。低速モードにしても容量を消費する罠。
DMMモバイル 1500円 850円 最安クラス。回線品質も意外と悪くない。IIJ系。低速モード(ターボあり!容量制限あり)に手動切り替え可能。詳細はこちら:DMMモバイル +月額850円、5分カケホ 昼、夕方は遅い。
IIJ mio 1600円 900円 MVNO業界の盟主。低速モード(ターボあり!容量制限あり)に手動切り替え可能。詳細はこちら:IIJmio +月額830円、10分カケホ 昼、夕方は遅い。
DTI SIM 1490円 840円 特徴はズバリ、最安。スピードは他社平均よりも少し遅い程度。YoutubeとTwitterが見放題になるDTI 見放題 SIMを利用可能。詳細はこちら:DTI SIM +月額780円、5分カケホ 昼、夕方は遅い。
OCNモバイルONE 1800円 1100円 安心のNTTグループ。割り振られるIPアドレスがグローバルIPなので、IP電話のプッシュ着信が安定している。通話プランだと050plusを月額基本料無料で利用可能。IP電話のハードユーザー、プッシュ通知命の方にオススメのMVNO。月額850円で10分通話定額オプションあり。通話が多い人におすすめ。詳細はこちら:OCN モバイル ONE +月額850円、10分カケホ 昼、夕方は遅い。他社よりちょっと高い。
NifMo 1600円 900円 公衆無線LANが無料。高額キャッシュバックキャンペーンをやっている。詳細はこちら:NifMo +月額830円、10分カケホ 昼、夕方は遅い。
BIGLOBE SIM 1600円 900円 公衆無線LANが無料。Youtubeなどが見放題になるエンタメフリー・オプションが利用可能。詳細はこちら:BIGLOBE SIM  ※BIGLOBE SIMはOCNと同様グローバルIP付与方式でしたが、2017年1月中旬からプライベートIP方式に変更されるようです。→http://support.biglobe.ne.jp/news/news519.html +月額650円、3分カケホ 昼、夕方は遅い。
U-mobile 1580円 5GB 1980円 独特なプランが多数。詳細はこちら:U-mobile 無し 昼、夕方は遅い。
nuro mobile 1600円 900円 1GB刻みで料金プランを選べる。詳細はこちら:nuro mobile +月額800円、5分カケホ 昼、夕方は遅い。
Y!mobile 3980円 1GB 980円 昼も快適な通信が可能。※MVNOではない。詳細はこちら:Y!mobile 標準で10分カケホ 縛りが厳しい。MVNOと比べると、料金は高め。
イオンモバイル 1580円(4GB) 980円(4GB) イオンの実店舗でサポートが受けられる。安い。IIJ系。詳細はこちら:イオンモバイル +月額850円、5分カケホ 昼、夕方は遅い。
FREETEL 1600円 900円 プラン、オプションが豊富。 +月額840円、5分カケホ 通信速度は宣伝されているほど快適では無い。他社と同様、昼、夕方は遅い。