Mate 9(HUAWEI) VS ZenFone 3 Deluxeスペックの違い、ガチ比較!




Mate 9(HUAWEI) VS ZenFone 3 DeluxeUltraスペックの違い、ガチ比較!

スペック比較

商品名 Mate 9(HUAWEI) ZenFone 3 Deluxe (5.7インチ、ZS570KL) ZenFone 3 Ultra (6.8インチ、ZU680KL)
愛称 禅寺、真寺 禅虎
公式スペック表 Mate9 ZS570KL日本版 ZU680KL日本版
発表日 2016年11月3日 2016年5月30日@COMPUTEX TAIPEI 2016 2016年5月30日@COMPUTEX TAIPEI 2016
発売日 2016年9月1日@台湾、台湾ASUS Store 2016年7月29日@台湾、台湾ASUS Store
日本版の発表日 2016年12月13日 2016年9月28日 2016年12月1日
日本版の発売日 2016年12月16日 2016年10月28日 2016年12月9日
発表時価格 499 USD(6GB/64GB) 479 USD(4GB/64GB)
台湾での定価 15990TWD(4GB/32GB)(約53000円)/ 17990TWD(6GB/64GB)(約59000円) / 24990TWD(6GB/256GB)(約82000円) 17990 TWD(4GB/64GB)(約59000円)
ebayでの相場 Huawei Mate 9 eBay ZenFone 3 Deluxe eBay ZenFone 3 Ultra eBay
日本での定価 6万800円+税(4GB/64GB) 89800円+税(Snapdragon 821、6GB/256GB) 59800円+税(4GB/32GB)
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場
日本版値引きキャンペーンなど 楽天モバイルでセット値引きあり!、■DMMモバイルでセット値引きあり!、■エキサイトモバイルでセット値引きあり! UQモバイルでセット値引きあり!
OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0 Android 6.0.1ベースのZenUI 3.0 Android 6.0.1ベースのZenUI 3.0
SoC HiSilicon Kirin 960(64-bit、16 nm FinFET Plus、Cortex-A73x4(2.4 GHz)+Cortex-A53x4(1.8 GHz)の8コア、big.LITTLE、Mali-G71 MP8) 64-bit Qualcomm Snapdragon 820 @2.15Ghz(Kryo、2.15Ghz x2 + 1.6Ghz x2、14nm FinFET、Adreno 530) (最上位の6GB/256GB版にはSnapdragon 821 2.4GHz 64-bit Qualcomm Snapdragon 652 @1.8Ghz(Cortex-A72 x4コア + Cotex-A53 x4コア、28nmプロセス、Adreno 510)
Antutuベンチ6.1.4 13万8151 (3Dスコア55849) 7万8538 (3Dスコア19192)
※参考までに、Xperia Z5 (Snapdragon810)は 7万5915 (3Dスコア31276) ※参考までに、Freetel REI (MediaTek MT6753)は3万7439 (3Dスコアは5364)
Antutuベンチ6.2.1 14万3645 (3Dスコア55545)
Antutuベンチ6.2.6 12万7606(3Dスコア41324) 8万368(3Dスコア19281)
Geekbench3(Single-Core) 2281 1451
Geekbench3(Multi-Core) 5210 4489
※参考までに、Xperia Z5 (Snapdragon810)は Single-Core 1256、 Multi-Core 4054
Geekbench4(Single-Core) 1936 1708 1438
Geekbench4(Multi-Core) 5906 4081 3298
Geekbench4(Compute)(グラフィック性能) 6980
RAM 4GB LPDDR4 4GB/6GBいずれもLPDDR4)(日本版は6GBのみ) 4GB LPDDR3
内蔵メモリ UFS 2.1 64GB/128GB (日本版は64GBのみ) UFS2.0 32GB/64GB/256GB(日本版は256GBのみ) eMMC 64GB(日本版は32GB)
外部メモリ microSD カード(最大256GB) microSDXC 2TBまで公式対応 microSDXC 200GBまで公式対応
SDを内部ストレージとして利用する機能 /mnt/sdcard/を外部SDに設定可能。設定から簡単にできる。詳しい説明はこちら。 △(ADB接続でコマンドを打てば可能。内蔵ストレージとSDの統合機能。) △(ADB接続でコマンドを打てば可能。内蔵ストレージとSDの統合機能。)
サイズ 高さ 約156.9mm 幅 約78.9mm 厚さ 約7.9mm 156.4 x 77.4 x 4.2 〜 7.5 mm 186.4 x 93.9 x 6.8 mm
重量 約190g 170g 233g
通信対応バンド (以下、日本版・SIM1スロットの対応バンド)
2G 850/900/1800/1900MHz 850/900/1800/1900 850/900/1800/1900
3G ■WCDMA ■WCDMA ■WCDMA
B1/2/4/5/6/8/19(FOMAプラスエリア対応!! TW/JP/HK version Band 1/2/4/5/6/8/19FOMAプラスエリア対応!! TW/JP version Band 1/2/5/6/8/19FOMAプラスエリア対応!!
■TD-SCDMA ■TD-SCDMA ■TD-SCDMA
B34/39 TW/JP/HK version Band 34/39
■CDMA2000 ■CDMA2000
BC0(公式にはChina Telecomのみ対応・・・ということになっているが、実際は?) TW/JP/HK version BC0(800MHz)
4G (LTE) ■FDD ■FDD ■FDD
B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29 TW/JP/HK version Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/29/30 (ドコモ対応!! TW/JP version Band 1/3/5/7/8/18/19/20/26/28ドコモ対応!!
■TD ■TD ■TD
B38/39/40/41 TW/JP/HK version Band 38/39/40/41 TW/JP version Band 38/40/41
※ドコモ系SIMの通信・通話対応 通信・通話ともにOK!! (VoLTE×利用不可。FOMA SIMは単独では利用不可だが、ZenFone3と同様に、4Gデータ通信SIMとDSDSにすれば利用可能。) 通信・通話ともにOK!! (VoLTE×利用不可、日本版も×) 通信・通話ともにOK!! (VoLTE×利用不可)
※au系SIMの通信・通話対応について LTEはau主力のB26(B18を内包)に対応。通話はできないが、4G LTE SIMでの通信は可能という報告あり。(au Volteには非対応) なんと、4G LTE simでau 3G通話(CDMA2000)が可能という人柱報告あり!au系SIMの使用可否まとめ LTEは1、18、26、28、41に対応。au系SIMの使用可否まとめ
※ソフトバンクSIMの通信・通話対応 <3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能と考えられる。(VoLTE×利用不可、日本版も×) <3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能と考えられる。(VoLTE×利用不可、日本版も×) <3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能と考えられる。
※Y!mobile SIMの通信・通話対応 <3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能と考えられる。(VoLTE×利用不可、日本版も×) <3G>WCDMA 1、8  <LTE>1、3、8、28、41 対応。通信・通話ともに可能と考えられる。(VoLTE×利用不可、日本版も×) <3G>WCDMA 1、8  <LTE>1、3、8、28、41 対応。通信・通話ともに可能と考えられる。
技適通過 通過 通過(海外版は技適マーク表示不可) 通過(海外版は技適マーク表示不可)
SIM Dual SIM (Nano-SIM/Nano-SIM、 DSDS対応)(※3G/4Gの同時利用が可能。FOMA SIMは単独では利用不可だが、ZenFone3と同様に、4Gデータ通信SIMとDSDSにすれば利用可能。) Dual SIM (Nano-SIM/ Micro-SIM、 DSDS対応)(※3G/4Gの同時利用が可能。)(※microSDを利用する場合は、nano simスロットに入れるため、Micro sim + microSDとなる。)※DSDAではありません。 ※日本版もDSDS対応! Dual SIM (Nano-SIM/ Nano-SIMDSDS対応)(※3G/4Gの同時利用が可能。)(※microSDを利用する場合は、nano simスロットに入れるため、Nano-SIM + microSDとなる。)
3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ 3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ 3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ
通信速度 下り(受信時):最大262.5Mbps(LTE) / 上り(送信時):最大50Mbps(LTE) HSPA+ UL 5.76 / DL 5.76 Mbps HSPA+ UL 5.76 / DL 5.76 Mbps
DC-HSPA+ UL 5.76 / DL 42 Mbps DC-HSPA+ UL 5.76 / DL 42 Mbps
LTE Cat13 UL150 / DL 600 Mbps (2波および3波キャリアアグリゲーション対応 LTE Cat6 UL 50 / DL 300 Mbps(2波キャリアアグリゲーション対応
2波および3波キャリアアグリゲーション対応)B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8 CAの組み合わせについてはこちら
VoLTE対応 △(※ハードウェア的には対応。キャリア側の認証が必要。) △(※ハードウェア的には対応。キャリア側の認証が必要。)※日本版も「au VoLTE SIM」には非対応(通話、通信、SMS、すべて不可)なので注意。 △(※ハードウェア的には対応。キャリア側の認証が必要。日本版はau VoLTE SIMに対応
GPS ○WGPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileo ○(GPS/A-GPS/GLONASS/BDSS対応。みちびきは非対応) ○(GPS/A-GPS/GLONASS/BDSS対応。みちびきは非対応)
無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz)(5GHz対応! Wi-Fi a/b/g/n/ac(5GHz対応!)、dual-band、WiFi Direct、hotspot Wi-Fi a/b/g/n/ac(5GHz対応!)、dual-band、WiFi Direct、hotspot
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth ○Bluetooth v4.2 with BLE 、aptXは非対応 V 4.2 +A2DP +EDR (aptX ○対応!! V 4.2 +A2DP +EDR (aptX ○対応!!
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 5.9インチ FHD (1080x1920ドット) IPS 5.7インチ Full HD(1920x1080) 有機ELGorilla Glass4Always on panel対応 6.8インチ Full HD(1920x1080)  IPS液晶 Gorilla Glass4、世界初4K TV Processor搭載
オンスクリーンキー オンスクリーンキー なし。ディスプレイ外にボタン配置。 なし。ディスプレイ外にボタン配置。
ナビゲーションキーの点灯
マルチタッチ 10 10
飛散防止フィルム なし なし なし
カメラ(撮像素子) ダブルカメラ 1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー、2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF) 2300万画素(Sony IMX318 sensor、1/2.6インチ)、レーザー AF0.03秒超高速AF、なんと光学手ぶれ補正、PixelMaster 3.0 2300万画素(Sony IMX318 sensor、1/2.6インチ)、レーザー AF0.03秒超高速AF、なんと光学手ぶれ補正、PixelMaster 3.0
カメラ(レンズ) F2.2 ライカ監修 絞り開放F2.0、焦点距離は35mm版換算で?mm相当 絞り開放F2.0、焦点距離は35mm版換算で?mm相当
独立シャッター専用ボタン × × ×
前面インカメラ 800万画素 (開口部F1.9 / AF) 800万画素、絞り開放F2.0 800万画素、絞り開放F2.0
動画撮影 4K動画撮影○ 4K動画撮影○ Full HD Video recording 1080p @60 FPS、4K動画撮影○
手ぶれ補正(リアカメラ) ○ 光学手振れ補正 ○ 4軸光学手ブレ補正、3軸電子手ブレ補正 ○ 4軸光学手ブレ補正、3軸電子手ブレ補正
USB Type C 2.0 Type C 3.0 Type C 2.0
USBホスト ○ Support USB OTG USB2.0
USB DAC
映像出力 MHLは×非対応、USB Type-C DisplayPort出力も× MHLは×非対応、USB Type-C DisplayPort出力でHDMI出力が可能、TV Grade processor実装
Miracast
ヘッドホンジャック 3.5mm 3.5mm 3.5mm
サラウンド Hi-Res Audio対応(192kHz/24bit)、ASUS SonicMaster 3.0 Hi-Res Audio対応(192kHz/24bit)、ASUS SonicMaster 3.0、DTS Headphone Xによる7.1chサラウンド
デジタルノイズキャンセリング機能 × × ×
スピーカー stereo speakers 5-magnet speakers with NXP Smart Amp for up to 4 times better performance Dual 5 magnet speakers
FMラジオ × ○(AM放送がFM波で聞けるワイドFMに対応○) ○(AM放送がFM波で聞けるワイドFMに対応○)
バッテリー容量 4000mAh 3000mAh 4600mAh(他のスマホを充電する機能あり)
ユーザーが自分で電池交換 × × ×
クレードル(卓上ホルダ) × × ×
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) × × ×
急速充電(5V 2A) ×
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) ×
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) ×
※QC2.0、3.0ではなく、ファーウェイ独自方式の超急速充電に対応。5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A。付属の専用ACアダプタが必要。
NFC ×
防水 × × ×
防塵 × × ×
指紋認証センサー ○(本体背面に実装) ○(本体背面に実装) ○(正面下部、ホームボタンに実装)
対応センサー 加速度/コンパス/ジャイロ/環境光/近接/HALL/指紋認証/気圧 Accelerator/E-Compass/Gyroscope/Proximity sensor/Hall sensor/Ambient light sensor/RGB sensor/IR sensor/Fingerprint Accelerator/E-Compass/Gyroscope/Proximity sensor/Hall sensor/Ambient light sensor/RGB sensor/IR sensor/Fingerprint
日本の緊急地震速報(ETWS) ○(台湾版・香港版も対応) ○(台湾版・香港版も対応)
DLNA
ストラップホール × × ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) × × ×
節電機能
カラーバリエーション シャンパンゴールドとムーンライトシルバーの2色 <Metal> Glacier Silver/Titanium Gray/Shimmer Gold (※日本版はシルバー、ゴールド) <Metal> Glacier Silver/Titanium Gray/Metallic Pink(※日本版はグレー、ローズゴールド、シルバー)
同梱品 リモコン付きヘッドセット / ケース / ACアダプタ / USBケーブル ( A to C ) / USB変換アダプタ( micro-B to C ) /クイックスタートガイド / 保証書 USB Type-C ケーブル(2.0)、USB 電源アダプタ、SIM スロットイジェクトピン、有線ヘッドセット(ハイレゾ対応) USB Type-C ケーブル、USB 電源アダプタ、SIM スロットイジェクトピン、有線ヘッドセット



カメラ画質対決!

Mate9 vs 禅虎

731 名前:SIM無しさん[sage] 投稿日:2017/02/04(土) 12:18:08.20 ID:xyImCne3
全虎のMate9のカメラ

全虎
https://i.imgur.com/CtpDYyS.jpg

こっちがMate9(ワイドアパーチャ)
https://i.imgur.com/25i0KT8.jpg

参考にどうぞ

Mate9 https://i.imgur.com/25i0KT8

zenfone3 ultra https://i.imgur.com/CtpDYyS

外観比較


Mate 9(HUAWEI)




ZenFone 3 Deluxe


このエントリーをはてなブックマークに追加