Moto G4 Plus(Motorola) vs Blade V7Max(ZTE) vs ZenFone 3、DSDS機ガチ比較!




Moto G4 Plus(Motorola) vs Blade V7Max(ZTE) vs ZenFone 3、人気のDSDS機、頂上決戦、ガチ比較!

スペック比較!!

商品名 ZenFone 3 (5.2インチ、ZE520KL) Motorola Moto G4 Plus ZTE Blade V7Max
発売日 2016年7月12日@台湾
日本版の発売日 2016年10月7日 2016年 7月22日 2016年 9月22日
ebayでの相場 ZenFone 3 ZE520KL eBay Motorola Moto G4 Plus eBay ZTE Blade V7Max eBay
日本での定価 39800円+税(3GB/32GB) 35800円+税(3GB/32GB) 34800円+税
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■ヤフオクでの相場
OS Android 6.0.1ベースのZenUI 3.0 Android 6.0.1(Android7、Android8まで公式にアップデート保証 Android 6.0
SoC 64-bit Qualcomm Snapdragon 625 @2.0Ghz(Cortex-A53 x8コア、14nm FinFET、Adreno 506) Snapdragon 617(Octa core (1.5 GHz quad-core Cortex-A53 and 1.2 GHz quad-core Cortex-A53)、28 nm LP、Adreno 405) MediaTek MTK6755M オクタコア 1.8GHz
Antutuベンチ6.2.1 6万2760 (3Dスコア12982)圧勝である 4万5532 (3Dスコア8197) 4万8532 (3Dスコア8239)
Geekbench4(Single-Core) 841
Geekbench4(Multi-Core) 4077
Geekbench4(Compute)(グラフィック性能) 2464
3D Mark 13928
※参考までに、Freetel REIは7038
RAM 3GB LPDDR3 2GB/3GB 3GB
内蔵メモリ eMCP 32GB 16GB/32GB 32GB
外部メモリ microSDXC 2TBまで公式対応 最大128GB 最大128GB
SDを内部ストレージとして利用する機能 △(ADB接続でコマンドを打てば可能。内蔵ストレージとSDの統合機能。)
サイズ 146.87mm x 73.98mm x 7.69mm 152.9 x 76.5 x 9.78 mm 154 x 77 x 7.2 mm
重量 144g 157 g 167g
通信対応バンド
2G 850/900/1800/1900 850/900/1800/1900MHz 850/900/1800/1900MHz
3G ■WCDMA ■WCDMA ■WCDMA
WW(=World Wide) version Band 1/2/5/8 1/2/5/8/19(B6非対応だが、FOMAプラスエリアは実際には利用可能という報告がある) 1/6/8/19 (FOMAプラスエリア対応!!)
IN/ID version Band 1/5/8
TW/JP/HK version Band 1/2/5/6/8/19 (FOMAプラスエリア対応!!)
■TD-SCDMA(中国独自3G方式)
CN version Band 34/39
■CDMA2000
CN version BC0
4G (LTE) ■FDD ■FDD ■FDD
WW version Band 1/2/3/5/7/8/20 1/3/5/7/8/19/20/28 1/3/5/8/19
IN/ID version Band 1/3/5/8
TW/JP/HK version Band 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28 (ドコモ対応!!)
US/BR version Band 1/2/3/4/5/7/8/17/28
CN version Band 1/2/3/5/7/8
■TD ■TD ■TD
IN/ID version Band 40
TW/JP/HK version Band 38/39/40/41
CN version Band 38/39/40/41
※ドコモ系SIMの通信・通話対応 通信・通話ともにOK!! (VoLTE×利用不可) 通信・通話ともにOK (VoLTE×利用不可) 通信・通話ともにOK!! (VoLTE×利用不可)
※au系SIMの通信・通話対応について LTEは1、18、26、28、41に対応。au系SIMの使用可否まとめ
※ソフトバンクSIMの通信・通話対応 <3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能と考えられる。
※Y!mobile SIMの通信・通話対応 <3G>WCDMA 1、8  <LTE>1、3、8、28、41 対応。通信・通話ともに可能と考えられる。
技適通過 通過済 通過済 通過済
SIM Dual SIM (Nano-SIM/ Micro-SIM、 DSDS対応)(※3G/4Gの同時利用が可能。(※microSDを利用する場合は、nano simスロットに入れるため、Micro sim + microSDとなる。) ※日本版もDSDS対応! Dual SIM(microSIM x 2、さらにmicroSDカード専用スロットが独立して実装(これが最大の特徴))、DSDS対応、3G/4Gの同時利用が可能 Dual SIM(Slot 1 : nano SIM/Slot 2 : micro SD or nano SIM)、DSDS対応、3G/4Gの同時利用が可能
3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ 3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ 3G/4G同時待ち受けの活用法まとめ
通信速度 HSPA+ UL 5.76 / DL 5.76 Mbps
DC-HSPA+ UL 5.76 / DL 42 Mbps
LTE Cat6 UL 50 / DL 300 Mbps (2波キャリアアグリゲーション対応) 150Mbps/50Mbps
VoLTE対応 日本版はau Volteに対応
GPS ○(GPS/A-GPS/GLONASS対応) ○(GPS/A-GPS/GLONASS対応)
無線LAN Wi-Fi a/b/g/n/ac(5GHz対応!)、dual-band、WiFi Direct、hotspot IEEE802.11a/b/g/n(2.4GHz、5GHz) 802.11 b/g/n
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth V 4.2 (aptX ○対応) Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 5.2インチ Full HD(1920x1080) IPS液晶、Gorilla Glass 3 5.5インチ、1920x1080、Gorilla Glass 3 5.5インチ、1920x1080、IPS液晶、Dragontrailガラス
通知LED ×
マルチタッチ 10
オンスクリーンキー なし。ディスプレイ外にボタン配置。 オンスクリーンキー なし。ディスプレイ外にボタン配置。
飛散防止フィルム なし
カメラ(撮像素子) 1600万画素 (Sony IMX298 sensor、1/2.8インチ)、レーザー AF0.03秒超高速AF、なんと光学手ぶれ補正、PixelMaster 3.0 1600万画素(オムニビジョン PureCel Plusセンサー、レーザーオートフォーカスと位相差検知オートフォーカス(PDAF)の2種類に対応) 1600万画素
カメラ(レンズ) 絞り開放F2.0、焦点距離は35mm版換算で23mm相当 f2.0
独立シャッター専用ボタン × × ×
前面インカメラ 800万画素、絞り開放F2.0 500万画素、f2.2 800万画素
動画撮影 4K動画撮影○
手ぶれ補正(リアカメラ) ○ 4軸光学手ブレ補正、3軸電子手ブレ補正
カメラのスペックはzenfone3の圧勝
USB Type C 2.0 microUSB v2.0 Type-C (OTG対応)
USBホスト ○(管理人が実機で検証・確認)
USB DAC ○(管理人が実機で検証・確認。管理人が動作確認したのは、Creative Sound Blaster E5
映像出力 MHLは×非対応、USB Type-C DisplayPort出力も×非対応(管理人が実機で非対応を確認)。miracastのみ。
Miracast ○(PlayTo)
ヘッドホンジャック 3.5mm 3.5mm 3.5mm
サラウンド Hi-Res Audio対応、ASUS SonicMaster 3.0 DTSサウンドシステム
デジタルノイズキャンセリング機能 × × ×
スピーカー 5 magnet speaker
FMラジオ ○(AM放送がFM波で聞けるワイドFMに対応○)
バッテリー容量 2650mAh 3000 mAh 3000 mAh
ユーザーが自分で電池交換 × × ×
クレードル(卓上ホルダ) 純正は無し 純正は無し 純正は無し
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) × × ×
急速充電(5V 2A) 15分で6時間分を充電できる急速充電「TurboPower」に対応
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) ×
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) ×
NFC × ×
防水 × × ×
防塵 × × ×
指紋認証センサー ○(本体背面に実装) ○(本体右側面に実装)
対応センサー Accelerator/E-Compass/Gyroscope(ジャイロセンサー ○ 対応!)/Proximity sensor/Hall sensor/Ambient light sensor/RGB sensor/IR sensor/Fingerprint 加速度計/ジャイロスコープ/環境光センサー/近接センサー/センサーHub(コンパス無しなので注意 指紋センサー、加速度センサー、近接センサー、照度センサー、ジャイロセンサー、ホールセンサー、コンパス
Pokemon GO対応 ○(快適に動作したという報告あり)
日本の緊急地震速報(ETWS) ○(台湾版・香港版も対応)
DLNA
ストラップホール × × ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) ×
節電機能
カラーバリエーション <Glass finish> Sapphire Black/Moonlight White/Shimmer Gold ブラック、ホワイト ゴールド、シルバー
同梱品 USB Type-C ケーブル、USB 電源アダプタ、SIM スロットイジェクトピン、有線ヘッドセット USBケーブル、ACアタプター、クイックガイド、保証書



カメラ画質対決!

外観比較


Moto G4 Plus(Motorola)





Blade V7Max(ZTE)






ZenFone 3